今年は中居正広も候補!? 「24時間テレビ」マラソンランナーの選考基準は…局員が明かす舞台裏

 新型コロナ禍に終息の兆しが見えないなか、日本テレビが放送に意欲を見せている特別番組「24時間テレビ」。今年のチャリティーマラソンランナーの候補として中居正広(47)の名前も一部で取り沙汰されるが、そもそもランナーの選考はどのように行われているのか?

 「24時間テレビ」といえば、毎年話題になるのが名物コーナーのチャリティーマラソンだ。

 過去5年を振り返ると、2015年は歌手でタレントのDAIGO、16年が落語家の林家たい平、17年がお笑いタレントのブルゾンちえみ、18年がお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん、そして昨年は初の“駅伝形式”で「ハリセンボン」の近藤春菜、「ガンバレルーヤ」のよしこ、同局の水卜麻美アナ、いとうあさこの4人がランナーを務めた。

 マラソンランナーについては、毎年各メディアが有力候補者を報じる一方、正確な情報はほとんど漏れてこない。テレビ誌編集者は語る。

 「チャリティーマラソンは局をあげての目玉企画であり、毎年大きく注目されるので、日テレも事前に情報が漏れないようにかなり神経質です。過去には『行列のできる法律相談所』内で発表予定だったのが放送当日に変更になり、事前にニュースで扱う予定だったグループの関連メディアが激怒するなんて事件も起こりました。それだけ情報漏洩には細心の注意を払っています」

 実際、日テレの局員は舞台裏をこう明かす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ