「のぼる小寺さん」主演・工藤遥 人生の壁登る青春物語

 「のぼる小寺(こてら)さん」(古厩(ふるまや)智之監督)は、ボルダリングに取り組む女子高校生と級友たちが、それぞれが直面する“人生の壁”を登ろうと一歩踏み出す姿を描いた、繊細で穏やかな青春物語だ。主人公の小寺さんを演じるのは、人気アイドルグループ、モーニング娘。出身の工藤遥(20)。これが映画初主演の工藤に話を聞いた。(石井健)

 東京五輪で公式種目に追加されたスポーツクライミングは3種目の総合成績で競うが、そのうちの1種目がボルダリングだ。高さ4メートルの壁を登れた回数を数える。

 工藤は、モーニング娘。の中心的立場で歌い踊り、女優としては特撮ドラマのヒロインの一人を演じた。

 「お話をいただいたときは、ボルダリング? 面白そうと軽い気持ちで引き受けましたが、始めてびっくり。なんて難しいんだろう」

 だが、3カ月、練習を積んで、劇中のボルダリングの場面は全て自分で登った。「負けず嫌い」と自己分析するが、「小寺さんと私が重なる部分」とも。

 小寺さんは、高校のクライミング部で黙々と壁を登る。登ること以外目に入らない小寺さんにひかれる卓球部の近藤。恋の行方は物語の軸だが、工藤は「近藤くんは、もどかしい。アクション起こしなよって思った」と笑う。

 「それぐらい静かな作品。派手な映像もない。言葉数も少ない。でも、それが魅力。いろんな感想を持っていただけるはず」

 だが、古厩監督は、小寺さんと近藤のすてきな場面を用意している。

 その近藤を演じるのは、NHK連続テレビ小説「スカーレット」など多くのドラマ、映画で活躍中の伊藤健太郎(23)。さらに鈴木仁(じん)(20)、吉川愛(20)、小野花梨(かりん)(21)ら若い俳優たちが、みずみずしく演じているのも魅力だ。

 喜怒哀楽を顔に出さない小寺さんだが、工藤はよく笑い、ハキハキと質問に答える。

 「これからも女優として頑張っていきたいです。好奇心だとか、野心のようなものはずっと持っていたい。負けず嫌いなところはいくつになっても変わらないでしょうが、同時に何に対しても全力で、無邪気であり続けたい」

 腕を伸ばし、足をかける小寺さんのように、工藤も高く高く登り続ける。

 ■工藤遥(くどう・はるか) 

 平成11年10月生まれ、埼玉県出身。23年、10期メンバーとしてモーニング娘。に加入。29年、モーニング娘。を卒業し、女優に。30年、特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」にルパンイエローの早見初美花(うみか)役で出演。令和元年、舞台「魔法使いの嫁」で主演。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ