映画業界、団体の垣根超え「映画館に行こう!」キャンペーン

 コロナ禍でも映画館が安全で、安心して映画を楽しめることを発信しようと、「日本映画製作者連盟」(映連)や「外国映画輸入配給協会」、「モーションピクチャー・アソシエーション」(MPA)、「全国興行生活衛生同業組合連合会」(全興連)の4団体が「『映画館に行こう!』キャンペーン2020」を企画し、30日に都内で記者会見を開いた。

 全国の各映画館では現在、全興連が作成した新型コロナ感染拡大予防のガイドラインに沿い、前後左右の席を空けるなどして営業しているが、客足は伸びていない。

 「映画館に行こう!」実行委員会委員長で東宝東和取締役会長の松岡宏泰さんは、「大きなスクリーンの素晴らしい環境で映画を見ていただき、充実した気持ちで映画館を離れ、また戻ってきていただきたい」と映画館への来場を呼び掛けた。

 キャンペーン・アンバサダーを務める俳優の役所広司さんは、「コロナショックを機に、日本映画界もさらに活性化して、かつて世界の映画に大きな影響を与えた巨匠たちのような才能が生まれるかもしれないなあと、そんな大きな夢を見ながら自粛をしていた」と笑顔で語った。

 キャンペーンの公式ホームページでは、役所さんをはじめ映画業界人10人による「YouTube」リレー動画を展開。映画や映画館に対する思いや魅力などをインタビュー形式で語る。

 キャンペーンは8月31日までの約2カ月間だが、今後もこうした取り組みを継続していく方針という。(水沼啓子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ