福士蒼汰“最凶”のダークヒーローに初挑戦! 9月スタート全5話フジ系「DIVER」

 俳優、福士蒼汰(27)が9月にスタートするフジテレビ系「DIVER-特殊潜入班-」(火曜後9・0、全5話)に主演し、ダークヒーロー役に初挑戦することが29日、分かった。人気漫画のドラマ化で、犯罪歴があり、警察の潜入捜査官チームに入った冷酷非道な男を演じる。近年、悪役でも存在感を発揮する福士は「主人公は“漆黒”のような闇のイメージ。その闇の深さを感じていただけたら」と役者魂を燃やしている。

 優しく穏やかな印象の福士が、冷酷なダークヒーローで魅せる!

 「DIVER-特殊潜入班-」は大沢俊太郎氏の漫画「DIVER-組対潜入班-」が原作。舞台は神戸市で、全編関西ロケの意欲作だ。

 福士は、28歳の主人公・黒沢兵悟役。10代の頃は窃盗や暴力事件の常習犯だったが、高いIQや判断力、身体能力が認められ、悪の組織に潜入して情報や証拠をつかむ兵庫県警の潜入捜査官チーム(通称・D班)の一員に。「最強の潜入官」と呼ばれる彼が危険を顧みず、手段を選ばず、暴力的かつ冷徹に犯罪者に立ち向かう姿を描く。

 今月16日から5週連続で放送中の「探偵・由利麟太郎」が終了後、新型コロナウイルスの影響で7月28日に約3カ月遅れでスタートする「竜の道 二つの顔の復讐者」の放送を経て、9月から5週連続で放送される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ