石田純一のフットワークの軽さ… 家族にとっては「頭痛の種」に

 【芸能ニュース舞台裏】

 コロナ禍で自分自身の価値を減少させたタレントの石田純一(66)。所属事務所を退社したわけではないが「実質的に新しい仕事はない状態。バラエティー番組のパネラーや、PRイベントに出演する使い勝手のいいタレントとして認知されていたのですが、バラエティー番組のゲスト出演もPRイベントもなくなっている。これが長引くと、暮らし向きにさらに悪影響が出てくるでしょう」と女性誌記者が話す。

 妻でタレントの東尾理子(44)も、芸能関係の仕事は開店休業状態だという。「父親で野球評論家の東尾修さんが、経済的にもいろいろ面倒を見ているようです」(前出・女性誌記者)

 手越ばりに自由な石田のフットワークのよさは、家族にとっては頭痛の種。その仲がコロナ禍で強まるのか壊れるのか注視される一組だ。(業界ウォッチャーX)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ