大河ドラマ「麒麟がくる」放送休止で「利家とまつ」の名場面を振り返る! ネット「反町さんの信長がかっこよかった」「狂気を宿す光秀」

 新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送が一時休止となり、その代替番組として28日、「麒麟がくるまでお待ちください~戦国大河ドラマ名場面スペシャル~」が放送される。今回は2002年に放送された「利家とまつ~加賀百万石物語~」が取り上げられる。俳優・唐沢寿明と女優・松嶋菜々子が夫婦役を演じた大河。ネットも「楽しみすぎるな」「懐かしいな」「神作品をもう一度観れるのは嬉しい」「これは気になるやつ」「うれしい!初めてハマった大河で、時代劇で泣いたのも利家とまつが最初だ」などと放送前から盛り上がりを見せている。

 「利家とまつ」は、加賀百万石の礎を築いた戦国武将、前田利家(唐沢)と、その妻、まつ(松嶋)の物語。織田信長(反町隆史)、豊臣秀吉(香川照之)、徳川家康(高嶋政宏)の三英傑から“男の中の男”と呼ばれ、頼られた利家のブレないその生き方や、まつとの夫婦愛、ライバル秀吉との熱い友情が見どころだ。放送当時、夫のピンチを救うまつの名ゼリフ「おまかせくださりませ」は流行語にもなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ