NHK朝ドラ「エール」プリンス久志&スター御手洗の友情と廿日市の男気にネット涙!「泣けた」「音楽の力は大きい」「廿日市氏の株が急騰」「一番上手いヤツって誰?」

 2人の熱い友情にネットも涙。SNSには「育三郎さん派だったけど、雄大さんも素敵。スターとプリンスの最後、泣けた」「御手洗ティーチャーと久志、ライバル関係から芽生えた友情が熱い」「男性同士のライバルからのお互いを認め合っての友情たまらん!!プリンス久志とスター御手洗お疲れ様!!」などのコメントがあふれた。

 2人の見事なハモリも話題となり、「ハモリのシーン鳥肌たちました」「久志と御手洗の船頭可愛いやのハモリ最高だった」「今週は凄く楽しかった。元気になったよ。一流の歌唱も見れたし、音楽の力は大きい」といった書き込みも寄せられた。

 そしてこの日は、廿日市が見せた“男気”にネットが沸いた。父が帝都ラジオの会長であることから、終始不遜な態度の熊次郎。廿日市はそんな彼にブチ切れし、「お前さ、あんまり舐めてると痛い目に遭うぞ。言っとくが俺はまだ1ミリもお前を認めちゃいない。上(上層部)が気に入っているのはお前の歌じゃなくて看板だから。努力しないで、売れなかったら即契約解消な。覚えとけ」と吐き捨てた。そして久志が研究生になれたのも、親の威光で選ばれた熊次郎だけではもたないと考えた廿日市が上層部に掛け合っていたからだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ