志村けんさん、東村山市の名誉市民に ネットも祝福「東村山の誇り」「涙出た」「国民栄誉賞も是非」

 新型コロナウイルス感染症による肺炎で3月29日に亡くなったタレント、志村けんさん(享年70)の地元の東京都東村山市議会は25日、志村さんを名誉市民に選定する議案に同意した。このニュースはネットでも話題となり、ファンたちを喜ばせた。

 サンケイスポーツによると、志村さんの死去後、市のホームページには追悼メッセージが約2万2000件届き、「志村さんを名誉市民に」「記念碑を作ってほしい」との声が多く寄せられたそうで、市は23日に議案を提出、25日午前、市議会で可決された。顕彰式で、兄の知之さん(73)に代理授与した。

 突然の訃報から約3カ月となるが、このニュースは明るい話題として広がり、ツイッターには「志村けんは東村山の誇り」「これは当然だと思うが…それでもやっぱり嬉しいニュースだね!」「めっちゃ嬉しい 涙出た」などの声。また、日本を代表するコメディアンとしての活躍を見せた志村さんに「国民栄誉賞も是非」といった声も少なくなかった。

 顕彰式では、知之さんが「みなさんと『アイーン』がしたい」と提案し、議員と渡部尚市長ら全員で志村さんのギャグをする一幕も。この様子に「市議会議員の皆さんで『アイーン!』のシーンは、ほっこりしました」とつぶやくネットユーザーも見られた。

 市は生前にも名誉市民を打診したが、志村さんは「芸の道に100点はない」などとして断っていた。今回、志村さんの遺骨が市内に埋葬されたこともあり、遺族が承諾したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ