がん完全寛解の笠井信輔アナがリモート収録「本当に今、ホッとしております」25日放送のTBSラジオ

 昨年12月に悪性リンパ腫で入院し、4月30日に退院した元フジテレビのフリーアナウンサー、笠井信輔(57)が、25日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・0)にゲスト出演する。

 このほどリモートで収録が行われ、フリーアナウンサーの先輩、生島ヒロシ(69)から「良かったですね」と声をかけられると、「ありがとうございます。本当に今、ホッとしております」と第一声を発した。

 昨年10月にフリーになった矢先のがん発症。最も進行している「ステージ4」だと告げられた時の葛藤について笠井は「なんでオレが‥。どうしてこのタイミング(フリー転身直後)でがんになっちゃったのか…清水の舞台から飛び降りた気持ちでフリーになったのに、そうしたら地面がなかったみたいな。どこまで落ちるんだという感じでした」と当時の絶望的な気持ちを述懐した。

 そんな時、力になったのが妻と3人の息子だったという。「子どもたちはそれまで一切、家事をしなかったんですが、洗濯や食器洗い、料理をしてくれました。それがおいしいんです。驚きました」と意外な“副産物”に感謝。抗がん剤治療が功を奏してがんは消滅、現在は完全寛解し、7月から本格的に仕事復帰する。

 番組では恩人でフリーアナウンサー、小倉智昭(73)や胃がんで死去したフジの先輩でフリーアナ、逸見政孝さん(享年48)についても語り合った。笠井は7月2日、9日にも出演する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ