アンジャ児嶋はナイナイ矢部になれるか!? コンビ内格差あり不安も

 【芸能ニュース舞台裏】

 なかなか報道がやまない。新しい情報もかぶさってくる。週刊文春が火元になった、お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(47)の不倫騒動。

 「不倫報道のひとつのパターンですが、当初は当事者がたたかれる。そのうち不倫よりもっと報じるものがあるだろう、とメディアがたたかれる。ひと段落すると、仲間内がかばい出す。今回はカンニング竹山が『もういいんじゃない』と言い始めた。ありがちな流れですよ」と放送作家。ただし、と付け加える。

 「今回の件が興味深いのは、ベッキーや東出昌大のように恋に落ちた不倫ではないこと。付きまとうワードも、多目的トイレ、1万円の謝礼、行為時間が5分などえげつないものばかり。世の中はなかなか忘れてくれないでしょうね」

 一部報道では、ラジオ番組での謝罪が検討されているという。

 「渡部は格好を付けたがるタイプなので、会見でボロボロになるくらいなら沈黙を選ぶ」と明かすのは情報番組デスク。で、ラジオでの謝罪について次のように続ける。

 「ナインティナインの岡村隆史が舌禍事件を起こした際、相方の矢部浩之がラジオで公開説教をし騒動を沈静化させた。同じ役割が渡部の相方の児嶋一哉にできるか。児嶋は渡部のほうが売れているから自分は何も言えなかった、とコンビ内格差を打ち明けていますから、火消し役が務まるのか不安ですね」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ