前田敦子に大島優子…AKB卒業メンバーも参加の「離れていても」にファン感激 「初期メン強すぎる」「懐かしさを感じた」

 アイドルグループ、AKB48のメッセージソング「離れていても」のミュージックビデオ(MV)が22日、同グループのオフィシャルユーチューブチャンネルで公開された。コロナ禍を生きるすべての人に贈るこの楽曲には、AKB48全105人の現役メンバー(IZ*ONE専任活動中の本田仁美は不参加)とSKE48の松井珠理奈に加え、前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子、小嶋陽菜、高橋みなみ、指原莉乃、山本彩の卒業生8人を含む総勢114人が参加。豪華OGの参加はファンを沸かせた。

 「離れていても」は、コロナ禍で、これまでのように会えなくなってしまった友人、恋人、仕事仲間たちに、いつかまた以前のように会える日が来ることを願い、「たとえ今は離れていても、きっと心は繋がっている」ということに気づかせてくれる楽曲。撮影時期は非常事態宣言解除の前後で、ステイホームと動き出した世界、その両方を映し出した。

 MVには、5月いっぱいで芸能界を引退した渡辺麻友さんを除いた“元祖神7”も集結し、ツイッターには「あっちゃんとか卒業生もいるの豪華だな」「久々のAKBの新曲がよきすぎる。懐かしさを感じたわ」「あっちゃん出てきたところで泣いた……卒業生たち出てきたところ最高すぎだよ……」「こんな形でまたAKBとして参加してくれて嬉しい!」などの声。「やっぱAKBの初期メン強すぎる」「AKBは神7時代が最強なんだよな」「このメンバー(もちろんまゆゆも含める)の時のAKB好きだったな」などと、グループの初期を支え、国民的なアイドルへと成長させていった卒業メンバーの功績をたたえる書き込みや、当時を懐かしむ投稿が多く見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ