ジャニーズ退所の手越祐也、ユーチューバー兼実業家として活動 “手越ロス”で早くも再スタート

 ジャニーズ事務所と契約解除した元NEWSの手越祐也(32)がYouTuber兼実業家として活動することが20日、分かった。19日の退所発表からわずか1時間後にツイッターを開設しており、新型コロナウイルスの影響で芸能活動が制限されるためSNS分野に進出。退所の引き金となった飲み会で築いた人脈を生かし、会社を立ち上げて商品開発などを行う。週明けに会見を開く予定で、発言が注目される。

 17年半のアイドル人生に幕を下ろしたばかりの“てごにゃん”が、早くも再スタートの一歩を踏み出していた。

 手越は19日、ジャニーズ事務所から専属契約の合意解除が発表されたわずか1時間後にツイッターを開設。プロフィル欄に「ティッ!!スーパーポジティブ人間手越祐也です!よろしくお願いします♪」とコメントして“チャラ男”全開だった。

 開設から一夜明けたフォロワー数は68万人を突破。ファンから“手越ロス”を嘆く声が殺到しており、100万人に迫る勢いだ。週明けの会見実施を告知するなど、ジャニーズ退所者では異例のスピードで動いている。

 関係者によると、次の一手に選んだのがYouTuber。親交のある人気YouTuberのヒカル(29)に相談しているようだ。

 ヒカルは19日にツイッターで本人から連絡を受けたとして手越のアカウントが本物と投稿。闇営業問題で吉本興業に契約解消され、YouTuberとして活動するお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(50)もサポートしている。

 手越が事実上降板した日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」では、お笑いコンビ、ロッチの中岡創一(42)がYouTuberとコラボして面白動画を撮影する企画「ロッチ中岡のQTube」が人気。負けず嫌いの手越が中岡を上回る動画をアップできるのかが見どころの一つとなりそうだ。

 アイデアマンとしての才能も持つ手越は実業家としても活動。関係者は「新しいビジネスの会社を立ち上げるために動き出している」と語り、手越のファンも喜ぶ女性向けの商品開発・販売に意欲を見せているという。

 手越は活動自粛中に一部で母子家庭への弁当宅配や子ども食堂でのボランティア活動が報じられた。関係者は「実業家としてさまざまなことにチャレンジする」と話している。週明けの会見は生配信するという情報もある。手越は何を語るのだろうか-。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ