渡部不倫騒動で所属事務所は謝罪行脚…「白黒アンジャッシュ」は30日から児嶋だけで放送

 複数女性との不倫で活動自粛中のお笑いコンビ、アンジャッシュ・渡部建(47)がコンビでレギュラー出演していた千葉テレビ「白黒アンジャッシュ」(火曜後11・0)が30日から相方の児嶋一哉(47)のみで放送再開することが17日、発表された。また、所属事務所はテレビ各局やスポンサーの謝罪行脚に追われていることも分かった。

 渡部の不倫騒動の影響はまだまだ続いている。千葉テレビは17日午後3時半、「白黒アンジャッシュ」のツイッターで、今月30日から再開すると発表した。

 同局は本紙の取材に「児嶋さんがアンジャッシュを続けると言っているので、児嶋さんの1人MCで再開します」と明かし、「渡部さんが戻ってくることはないと思う」と明言した。また、渡部本人が同局に出向いての謝罪はまだないが、事務所からは何度も謝罪されたという。30日放送分の内容はこれから考えるとし、23日はKBS京都の紀行番組「ごりやくさん 出雲大社」を代替放送する。

 また、渡部が司会を務めていたTBS系「王様のブランチ」(土曜前9・30)は先週と同じく、今後もタレントの佐藤栞里(29)、オリエンタルラジオの藤森慎吾(37)を中心に放送していくことが、同局関係者への取材で分かった。準レギュラーの相方、児嶋は先週に引き続き、今週も出演しない予定だ。

 同局にも渡部の事務所から謝罪はあったが、渡部自身は自宅から出られない事情もあってか、直接出向いての謝罪は受けていないという。

 また、渡部がCM出演していたロッテとフマキラーは本紙の取材に、所属事務所から謝罪を受けたことを認めた。渡部の会見は、迷惑をかけた関係者への謝罪が全て終わった上で開かれる方向のようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ