フェアリーズ事実上の解散 芸能活動終了の井上にファンら「新しい道も応援する」

 女性5人組のダンス・ボーカルグループ、フェアリーズは17日、メンバーの井上理香子、野元空、林田真尋が所属事務所「ライジングプロダクション」との契約を終了すると発表。インターネットではファンから悲しみの声と、新たな出発を応援するコメントが相次いだ。

 同グループは2011年、シングル「More Kiss / Song for You」でデビュー。7人組でスタートし、17年から5人体制で活動していた。

 公式サイトでは3人の脱退について「フェアリーズメンバー5人と事務所スタッフ一同で幾度となく話し合いを重ねてきました結果、この先全員で同じ方向を向いて活動することができないという結論」に至ったと説明。解散という言葉こそ使われなかったものの、事務所に残る伊藤萌々香と下村実生は個人での芸能活動を続けるとされており、現メンバーでの活動に終止符を打つことになった。

 ツイッターでは「もっともっと沢山愛されていくはずのグループだったのに、なんで???????」「フェアリーズ、解散ライブとかもなしか…」などのファンたちの悲痛なコメントが相次ぎ、「フェアリーズ」がトレンド入り。大きな話題になったが、「フェアリーズがトレンド1位なのは嬉しいけど、解散でトレンド入りなのが辛すぎる」と嘆く投稿もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ