AKB48柏木由紀が前田敦子の衣装で「大声ダイヤモンド」を“踊ってみた” ネット絶賛「キレがスゴい」「なんか感動した」「握手会行きたいな」

 アイドルグループAKB48の柏木由紀が16日、自身のYouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」を更新し、ヒット曲「ポニーテールとシュシュ」(2010年)と「大声ダイヤモンド」(08年)のダンスを披露した。動画は公開から21時間で再生回数が40万回を突破するなど、ネットで話題になっている。

 柏木がアップした動画は「踊ってみたをやってみた」の第2弾。前回は今年4月にAKB48のシングル「Teacher Teacher」と「Everyday、カチューシャ」のダンスを全力で踊る動画を公開しており、そちらはすでに再生回数が160万回を超えている。

 今回のポイントは、柏木が楽曲の衣装を着用している点で、動画の臨場感はさらにアップしている。白を基調にしたAKB48らしい制服風の「ポニーテールとシュシュ」の衣装について、柏木は「AKB48のシングルのなかで、1、2位を争うぐらいこの衣装が大好きで、久しぶりに着てめっちゃテンション上がってるんですけど!」と笑顔。一方、「大声ダイヤモンド」の衣装は、紺のジャケットにチェックのミニスカートという組み合わせで、7月に29歳になる柏木は、この格好について「コスプレ~助けて~みんな~見ないで見て~」と自虐を交えながらコメントした。

 ちなみに「大声ダイヤモンド」がリリースされた当時について、柏木は「まだTHE後輩という感じだったので、私はまだジャケットなしだった」と回顧。この日はスタッフにジャケットを用意してもらったうえで撮影に臨み、その衣装が、OGで女優の前田敦子が着用していたものだと明かした。柏木は「あっちゃんの衣装着ちゃった~」と喜びを爆発させた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ