高安と婚約中の杜このみ「花嫁修業を始めました!」 コロナ禍で挙式未定も近く同居へ

 大相撲の元大関高安(30)と婚約中の演歌歌手、杜このみ(30)が16日、東京都内で新曲「郷愁おけさ」(きょう17日発売)の発表会を行い、「近く同居するので、料理の勉強など花嫁修業を始めました!」と明かした。新型コロナウイルスの影響で結婚のめどは立っていないが、「ラブラブで過ごしています」と笑顔。歌謡界から相撲界へ嫁入りした先輩歌手、高田みづえさん(59)の名曲を練習していることも明かした。

 新曲の発売を翌日に控えた杜は、歌の舞台、新潟・佐渡にちなみ、表参道にある同県のアンテナショップ、新潟館ネスパスに着物姿で登場。久しぶりに表舞台に立てた喜びをかみしめた。

 ただ、新型コロナウイルス感染拡大防止のため新曲披露のステージはなし。「もともと発売日は5月でした。コンサートも2本中止になり、キャンペーンは全て延期。3月に訪問予定だった佐渡にも、まだ行けていません」。コロナ禍でファンと生でふれあう機会が奪われる中、支えとなっているのが高安の存在だ。

 「彼も相撲が取れないストレスを感じていますが、先場所でけが(左大腿二頭筋損傷)があったので、かなり前向きにトレーニングを積んでいます。7月場所は頑張ってほしいです」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ