ベストジーニスト今年もジャニーズが圧倒 中間順位で永瀬廉と新木優子がトップ

 日本ジーンズ協議会は15日、“最もジーンズが似合う有名人”を決定する「第37回ベストジーニスト2020」の一般選出部門の中間順位を発表した。10日の時点で男性部門1位はアイドルグループ・King&Princeの永瀬廉、女性部門1位はモデルで女優の新木優子だった。投票期間は4月1日~7月10日。ツイッターにはファンのさまざまなコメントが集まっている。

 「ベストジーニスト」は、同協議会がジーンズの良さを広めるために1984年から行っているアワード。一般投票により男女1人ずつが選ばれる「一般選出部門」のほか、同協議会が選考して受賞者を決める「協議会選出部門」「次世代部門」がある。

 男性部門で現在トップの永瀬は先月、女性ファッション誌「ViVi」(講談社)の名物企画「ViVi国宝級イケメンランキング」で1位に輝いた。ファンも「国宝級イケメンに続いて、ぜひ1位をー」「ViViの国宝級イケメンランキング1位だったからベストジーニスト賞も廉くんに1位とらせたいな」と盛り上がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ