さんま ヤンタンで渡部不倫騒動語る「なぜ、僕の周りでこんなことが次から次へ起こってしまうのか」

 お笑いタレントの明石家さんま(64)が13日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤング タウン土曜日」(土曜後10・0)に出演。複数女性との不倫が発覚し、芸能活動を自粛することになったお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(47)について言及した。

 冒頭、「次から次へとなぜ、僕の周りでこんなことが次から次へ起こってしまうのか、もう、全部コロナのせいにしたい」と嘆きからスタートしたさんま。

 続けて「お笑い番組としてはスゴイもったいない人材ばっかりで。力のあるやつが次々に騒動になってしまって」と渡部の不倫報道に触れ、「次々こうなっていくのも、オレの責任じゃないかと思うぐらい」と責任を痛感している様子で「一挙に3人って、それも素人さんでしょ、週刊誌なんか怖いとか、週刊誌に私が出るなんてとか、今や載りたい、出したいに変わってきている、恐ろしさやね」と話していた。

 また、14日放送予定の日本テレビ「行列のできる法律相談所 3時間SP」で渡部と共演しており、「編集、急きょしなきゃいけない。3時間なんです、ほぼ出ているんですよ。どう編集したのか、明日、えらい粗削りになっていると思うんやけど。どっちの方がええんやろ、編集して落とすのか、音声変えてモザイクいれるんか」とスポンサーを気遣いつつ、「おもろいコンビネーションやったんや。それを落とされるんが嫌やねん。渡部と絡んでいるときものスゴイ面白いこというて。面白絡み分、ちょっと、お金返してほしいなあ」と笑いを誘った。

 「オレが渡部だったら、オレは多分出ると思う」とスポンサーを配慮して会見を開くと話した。

 また、村上ショージ(65)から「もし、さんまさんが渡部君の位置やったら、あそこ家やって言いよると思う。あれ、部屋やねん、借りてんねんいうて、ちゃうちゃう借りてんねん、絶対言いよんねん。言うておじけよる」と突っ込まれると、「オレがもし渡部やったら、あそこ、多目的ホールですよって言うよ」と返答。

 さらに一般の人に言いたいのはと前置きし、「お前ら、この笑いはいらないのか。なんか、残念で、お笑いを頑張ろうとしているオレにとってはものすごい痛い人材。1人は病気ですけど、考えると河本もちょっと休んでたりしてましたし、オレの周りの人間が次から次へ奪われていく」と思わず本音がポロリ。 

 「ほんで変なんだけ残ったんです。残らんでもエエのに、自粛してほしいぐらいの人がココにいらっしゃる。頼むわ、自粛してくれ」と名指しされたショージは「いまは自粛している状態やから」と苦笑いで返していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ