渡部建、不倫の代償大きく「王様のブランチ」は降板必至 レギュラー番組が次々と出演見合わせに

 複数人の女性との不倫でレギュラー番組の出演自粛が明らかになったお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(47)が10日、所属事務所の公式サイトで当面の間、活動を自粛すると発表した。文春オンラインが複数の女性と関係を持っていたことを報道。渡部は「私の不徳の致すところ」と不倫を認め、妻で女優、佐々木希(32)にも謝罪したことを報告した。

 多数のレギュラーを抱えるアンジャッシュ・渡部建の不倫スキャンダルを受け、テレビ・ラジオ各局はこの日も対応に追われた。

 渡部が司会を務めるTBS系「王様のブランチ」について、同局は「自粛の申し入れを受け、当面出演を見合わせる」と説明。代役は検討中だが、関係者によると、相方の児嶋一哉や共演するオリエンタルラジオの藤森慎吾(37)の名前が挙がっている。降板に関しては「今後の対応については検討中」と話すにとどめたが、同局関係者は「ファミリー層向けの番組なので免れないのでは」と話す。

 フジテレビ、日本テレビ、テレビ東京も出演見合わせを発表。日テレでは14日の「行列のできる法律相談所」が収録済みだが、「適切に対応させていただきます」と回答。テレビ朝日は「出演部分をカットする」と説明した。

 コンビで2004年10月から約16年出演している冠番組「白黒アンジャッシュ」について、チバテレは9日の放送をもって「一旦休止する」と発表。同局関係者は打ち切りの可能性も「ゼロではない」とした上で、相方の児嶋一哉(47)だけでの継続を希望。昨年、雨上がり決死隊の宮迫博之(50)らによる闇営業問題では、宮迫の相方、蛍原徹(52)が1人で番組を守っていることもあり、「前例もあるので続けられたら」と胸中を吐露した。

 渡部がナビゲーターを務める「GOLD RUSH」を六本木ヒルズのスタジオから生放送しているJ-WAVEは12日の休演を発表。代役は選定中で、来週以降の放送については未定とした。

 NHKはEテレの道徳番組「ココロ部!」の配信を9日に停止。10月からEテレで再放送が予定されていたが、「現時点では未定」という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ