朝ドラ「エール」藤堂先生と昌子の結婚をネットも祝福!? 「鳥肌が立った(笑)」「スピンオフ案件」

 NHK連続テレビ小説「エール」第52話が9日、放送され、女優の堀内敬子演じる菊池昌子(旧姓)の4度目の結婚に視聴者がネットで盛り上がった。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、妻の音を女優の二階堂ふみが演じる。

 第52話で、裕一は音と娘の華を連れて久しぶりに福島へ帰郷。小学校時代の担任で恩師でもある藤堂清晴(森山直太朗)の依頼で福島にある小学校の校歌を作曲した裕一は、その完成披露会に招かれた。披露会は旅館で行われ、そこで裕一らを藤堂が出迎えた。昔話に花が咲き、裕一の小学校時代の話で盛り上がっていると、そこに「あなた~」という女性の声が響き渡った。

 「やっほー!裕一ぐん、おかえんなさい!」

 その元気な声に驚き、言葉を失う裕一。姿を見せたのは、裕一が川俣銀行で住み込みとして働いていたときの同僚の昌子で、藤堂は「妻の昌子です」と述べ、裕一らの前で“いちゃつき”始めた。

 「ちょっと…しょ、昌子さんが!?」と驚きを隠せない裕一はさらに彼女のお腹の膨らみに気づき、「あ、赤ちゃん!?」と2度目の衝撃。「そうなの!来月にはお母さん!4度目の結婚でやっとね!」と満面の笑みを浮かべる昌子に音は「4度目!?」と目を見開いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ