大河ドラマ「麒麟がくる」、今井翼演じる毛利新介にネット沸く!SNS「見事な槍捌きと跳躍」「引き込まれた」「最高の演技」 義元の散り際も話題に

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第21話が7日、放送され、桶狭間の戦いで織田信長(染谷将太)軍と今川義元(片岡愛之助)軍が激突。義元の壮絶な最期にネットが沸いた。

 俳優の長谷川博己を主演に、戦国武将、明智光秀を新たな視点で描く同作。従来とはまったく異なる新しい解釈で戦国時代の英雄たちを描き、大河ドラマとしては初めて光秀(長谷川)を主役とし、美濃から羽ばたいていく光秀の謎めいた前半生に光を当てていくドラマだ。

 この日の放送では、前半戦のクライマックスとなる「桶狭間の戦い」が描かれ、戦国大名の義元が織田軍によって討ち取られた。最大の見せ場は、俳優の今井翼演じる毛利新介が義元に最後の一撃を食わらせるシーン。今川本陣に攻め入った織田軍が、義元にとどめを刺す場面は、毛利が高く跳躍し、頭上から義元を槍で突き刺すという演出で描かれた。

 まさに今井ならではのアクションシーンは視聴者の興奮をかき立て、放送後、ツイッターで「毛利新介」がトレンド入り。SNSには「今川義元を討ち取るシーンはお見事だった」「翼さん演じる毛利新介、見事な槍捌きと跳躍だったなぁ」「毛利新介、お見事でした!引き込まれたよ~」「瞼の裏に焼き付けたい程素晴らしいシーンをありがとうございました。今井翼くん最高の演技でした」「運動神経って役者にとってめっちゃ大事な要素なんだな」などのコメントが相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ