生田斗真と電撃婚!清野菜名の素顔 苦労人、努力家、お茶目、料理もグ~

 人気俳優、生田斗真(35)と1日に電撃結婚した清野菜名(25)。ドラマや映画、CMに引っ張りだこの、今最も勢いのある女優の1人だ。2011年の女優デビュー以降、アルバイトをしながらオーディションを受ける日々を送り、14年の映画「TOKYO TRIBE」で実力を開花させた苦労人。気さくでお茶目な一方で努力家でもあり、役にストイックな斗真と重なる。相通ずる信条が、互いにひかれあった要因のようだ。

 今年1月期の日本テレビ系主演ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で一人二役の難役を演じ、激しいアクションシーンもこなして、女優として高い評価を得た清野。

 最近では、主人公の親友を演じたNHK朝ドラ「半分、青い。」、ヒロイン役の日テレ系「今日から俺は!!」、ベテラン俳優に交じって熱演したテレビ朝日系「やすらぎの刻~道」など話題作に次々出演。20代で最も勢いのある女優の1人だ。

 ただ、ここまでの道のりは平坦ではなかった。小学6年でファッション誌「ピチレモン」のオーディションに合格し、芸能界入り。だが、身長(160センチ)が高くないからとモデルを断念し、女優への転身を決意した。

 16歳だった11年にTBS系「桜蘭高校ホスト部」に出演するも、それ以降は大きな仕事に出会うことはなく、アルバイトを続ける日々。その傍ら、アクションの養成所で立ち回りやアクロバットの特訓を積んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ