朝ドラ「エール」柴咲コウ演じる双浦環のセリフにネットも共感 「刺さったね」「厳しいけど当然なんだろうなぁ」

 4日放送のNHK連続テレビ小説「エール」第49話に、女優・柴咲コウ演じる世界的オペラ歌手、双浦環が登場。劇中でヒロインの古山音(二階堂ふみ)に投げかけた言葉が多くのネットユーザーから共感を得ている。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、妻の音を女優の二階堂が演じる。

 裕一が曲を書いた「船頭可愛いや」のレコードも売れ、作曲家としての活動も軌道に乗り始めた裕一。音も音楽学校の特別記念公演で主役の座を射止め、本番に向けて地道なレッスンを重ねていた。そんななか、第48話(3日放送)で音の妊娠が判明。第49話で、音はそのことを演出家や共演者に明かすが、「それでも舞台に立ちたい」という音に周囲は困惑するばかりだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ