企画・宮崎駿氏×監督・宮崎吾朗氏の親子タッグ! ジブリ初、全編3DCGで長編アニメ「アーヤと魔女」今冬放送予定

 「風の谷のナウシカ」「魔女の宅急便」などで知られるスタジオジブリが初の全編3DCG(3次元コンピューターグラフィックス)の長編アニメを制作することが3日、分かった。NHKで今冬放送予定の「アーヤと魔女」で、原作は英国の児童向け小説。同作を気に入った宮崎駿氏(79)が企画し、監督は映画「ゲド戦記」などを手掛けた宮崎氏の長男、宮崎吾朗氏(53)が務める。最強の親子タッグで、新型コロナウイルスと対峙する国民に希望を与える。

 丁寧な手作業から生まれる繊細で温かい作風から、世界を席巻する3DCGの世界へ。ジブリがコロナ禍に負けじと新たな可能性を追求する。

 注目の作品は宮崎駿氏が監督した2004年公開の「ハウルの動く城」の原作者で英女流作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズさん(享年76)の「アーヤと魔女」。魔女の娘とは知らずに育った少女、アーヤが意地悪な魔女に立ち向かうファンタジーだ。

 駿氏が同作を気に入り、長編アニメ制作を企画。長男の吾朗氏が監督を務めることになった。吾朗氏は、脚本で父が参加した11年の監督作品「コクリコ坂から」で第35回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。テレビアニメ作品は14~15年放送の「山賊の娘ローニャ」に続く2作目となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ