東山、感動初共演で斬り合い 悪党市村を成敗、28日放送テレ朝系「必殺仕事人2020」

 少年隊の東山紀之(53)が、28日放送のテレビ朝日系主演スペシャルドラマ「必殺仕事人2020」(後9・0)で俳優、市村正親(71)と初共演することが2日、分かった。東山ら仕事人が裏の顔を持つ奉行役の市村を成敗する痛快時代劇で、互いに「今後、歌って踊る企画でもご一緒したい」と相思相愛。必殺シリーズを長年牽引した藤田まことさん没後10年の節目作となる。

 ストイックに俳優業に向き合う東山と市村が初タッグを組み、天国の藤田さんに必殺シリーズの神髄を届ける。

 東山主演で14年目を迎えた「必殺仕事人」シリーズは、TOKIOの松岡昌宏(43)、Hey!Say!JUMPの知念侑李(26)らおなじみの仕事人が世にはびこる悪を成敗する痛快時代劇。毎回物語に世相を反映し、今回は息子を語って親から多額のお金を引き出す江戸版“オレオレ詐欺”を描く。

 必殺シリーズ初登場の市村は、江戸の本町奉行所に赴任した奉行・伊周役で裏の顔を持つ悪党。初共演の東山演じる小五郎と対峙する迫力の殺陣も見どころとなる。

 必殺シリーズの“ファン”という市村は、2月の撮影を振り返り、「現場では『(テレビで)見ていた人が目の前にいる!』という感じ。緊張して東山くんの目を見られなかった。刀を交えながらも『かっこいいな』と思っていました」と大興奮。一方、「とことん悪になってやろうと思って楽しみました」と迫真の演技をアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ