上白石萌音の直筆メッセージが「字が綺麗」と話題 子供への配慮に「優しさを感じる」の声も

 女優の上白石萌音が1日、ツイッターとインスタグラムで「NHKみんなのうたミュージカル『リトル・ゾンビガール』」の公演中止を発表した。中止を伝える旨とファンへの思いを記した直筆メッセージを公開すると、その達筆ぶりや“心遣い”が話題となった。

 同作は、NHK「みんなのうた」から世代を超えて愛される名曲の数々を届けるオリジナルミュージカルで、ゾンビの女の子・ノノ(上白石と熊谷彩春のダブルキャスト)と、人間の男の子・ショウ(のんと乃木坂46・伊藤理々杏のダブルキャスト)の友情を描く。当初、7月17~26日に東京・日生劇場、そのほか、岩手、群馬、静岡、兵庫、愛知、大阪、大分、鹿児島の全9カ所での公演を予定していたが、新型コロナウイルスの影響ですべて中止になった。日生劇場のホームページは、チケットの払い戻しについて「後日改めて日生劇場ホームページでご案内いたします」としている。

 上白石はSNSに直筆メッセージを掲載し「NHKみんなのうたミュージカル『リトル・ゾンビガール』すべての公演を中止することになりました」と発表。また、「なんの心配もなく観劇を楽しめる日が、はやく来ることが願っています」と新型コロナウイルスの収束を祈り、ファンに「まだまだ不安が残る日々、どうかお身体を大切にお過ごしください」と呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ