古山家最大のピンチを双浦環が救う!? NHK朝ドラ「エール」第48話見どころ

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描くNHK連続テレビ小説「エール」(NHK総合など)の第48話が3日、放送される。

 主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻、音を女優の二階堂ふみが演じる同作。第47話(2日放送)では、売れっ子作詞家、高梨一太郎からの依頼で、裕一は「船頭可愛いや」の曲を制作。コロンブスレコードのディレクター、廿日市誉(古田新太)は、高梨が詞を書いたことを知ると、その場でレコード化を決定。しかし、セールスは不調だった。

 第48話では、古山家が上京以来最大のピンチに直面する。

 高梨の詞に裕一が作曲した「船頭可愛いや」は、まったく売れず、裕一は廿日市から契約の終了と、これまで受け取った契約金の返済を求められるなど、上京以来最大の危機に直面する。そんななか、音にお願いされてこの楽曲を聞いた世界的オペラ歌手、双浦環(柴咲コウ)が「とてもいい曲なので世間の人たちに広く知ってもらうために、自分に歌わせてもらえないか」と提案する。

 環の歌唱によるレコード化が計画され、コロンブスレコードは大盛り上がり。廿日市は大賛成だったが、大御所の作曲家、小山田耕三(志村けんさん)は…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ