柴咲コウもSNSで誹謗中傷受けていた 種苗法改正に問題提起で

 【芸能ニュース舞台裏】

 人気テレビ番組『テラスハウス』に出演してた女子プロレスラーの木村花さん(22)の急死で問題視されるSNSでの誹謗(ひぼう)中傷。以前、種苗法改正に問題提起した女優の柴咲コウ(38)がネット上で誹謗中傷、脅迫行為などを受けていることを明かした。

 「柴咲は以前から農業に関心が高く、持続可能な農業などについて発信している。種苗法に対する発言も、決してにわかではないのです」とスポーツ紙芸能記者。「ツイッターでは『意見を言うことは、誰にも平等に与えられた権利です』と訴え、法的措置を検討していることを明らかにしてます。今、ネット事情に詳しい弁護士には自分の書き込みが名誉毀損(きそん)にあたるかどうか、心当たりのある人からの相談が増えているそうです。個人のフィルターを通すだけで発信できるSNSなどでは、ついつい感情が先走った発言になってしまいますが、居酒屋トークのようにその場で消えませんからね」

 SNSで公に意見を発信した場合、読者から反論があるのは当然だが、人間を否定するような行き過ぎたコメントには注意が必要だ。(業界ウォッチャーX)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ