朝ドラ「エール」高梨一太郎登場にネットも反応 SNS「誰だろ?」「彼は高橋掬太郎なのかな?」

 NHK連続テレビ小説「エール」の第46話が1日、放送され、この日の最後に高梨一太郎(ノゾエ征爾)なる人物が登場。ネットがザワついている。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、妻の音を女優の二階堂ふみが演じる。

 この日から物語は第10週目の「響きあう夢」に突入。音楽学校の特別記念公演に向けてレッスンに励む音と、プロの作曲家としてデビューした裕一のその後などが描かれる。

 第9週で自身の楽曲がレコードに採用され、念願の作曲家デビューを果たした裕一。しかし、幼なじみの村野鉄男(中村蒼)が詞を書いた渾身のデビュー曲「福島行進曲」は、まったく売れなかった。コロンブスレコードのディレクター、廿日市誉(古田新太)から不良債権扱いされ、へこむ裕一。そんな彼を同期の売れっ子作曲家、木枯正人(野田洋次郎)は「心配無用。いずれ必ずキミはコロンブスを背負う作曲家になる」と励ます。そして「もうひとつ話がある」と付け加え、後日、裕一をいつもの「カフェー」へと呼び出した。

 裕一が店を訪れると、そこには木枯ともう1人、丸メガネをかけた男性がいた。木枯が「こちら、高梨一太郎さん」と紹介すると、高梨は「あなたが古山さん!やっとお目にかかれました!」と笑顔を見せた。バックにはナレーションが流れ、それは「この人との出会いが、裕一の暗~い作曲人生を変えることになります」というものだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ