幼なじみの鉄男、久志と顔を合わせた裕一、音はヒロイン役最終選考に向け… NHK朝ドラ「エール」第9週見どころ

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描くNHK連続テレビ小説「エール」。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、妻の音を女優の二階堂ふみが演じる同作のあらすじ(第9週)を紹介する。

 第8週で、早稲田大応援部から新しい応援歌「紺碧の空」の曲作りを頼まれた裕一。「野球の早慶戦で勝つには、心沸き立たせるような新しい応援歌が必要」と考えた団長の田中隆(三浦貴大)に押し切られる形でこの依頼を受けるが、楽曲はまったく完成しなかった。周りからもあれこれ言われ、いらだちを募らせる裕一。さらに音が、書き置きを残して実家がある愛知県豊橋市に帰ってしまい、裕一は追い込まれる。

 早慶戦まで残り1日となった日、田中が裕一の自宅を訪問。自分が早大を応援し続ける理由などについて話した。裕一は、自分が音楽を始めたころの気持ちを取り戻し、楽曲作りに挑戦。すると、あっという間に楽曲は出来上がり、早大も慶大に勝利した。試合後、大喜びの田中らが裕一にお礼を述べると、裕一は「救われたのは僕の方です。おかげで目が覚めました」と感謝した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ