信長の命を狙う義龍、未然に防ぐべく光秀は… NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第19話の見どころ

 俳優の長谷川博己を主演に、戦国武将、明智光秀を新たな視点で描くNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜 BSプレミアム・午後6時~、NHK総合・午後8時~など)。従来とはまったく異なる新しい解釈で戦国時代の英雄たちを描き、大河ドラマとしては初めて光秀(長谷川)を主役とし、美濃から羽ばたいていく光秀の謎めいた前半生に光を当てていくこのドラマのあらすじ(第19話)を紹介する。

 第18話(17日放送)では、斎藤義龍(伊藤英明)の追手から逃げ、光秀たちは旅芸人の女座長、伊呂波太夫(尾野真千子)に導かれて美濃の隣国、越前にたどり着いた。

 太夫は、領主の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に「明智家をかくまってもらえないか」と交渉。義景は渋々その申し出を了承し、明智家は廃屋で暮らすことになった。

 一方、尾張では、織田信長(染谷将太)が弟の信勝(木村了)を殺害。信勝が「信長のために」と持参した湧き水に毒が入っていることを見抜いた信長は、信勝に「それを飲め」と迫ったのだった。

 24日に放送される第19話のサブタイトルは「信長を暗殺せよ」。

 斎藤道三(本木雅弘)の死から2年が経過。越前で慎ましい生活を送っていた光秀は、朝倉に呼び出され、将軍、足利義輝(向井理)が戻った京の様子を探りに行くように命じられる。

 京で光秀は、尾張を手中に収めようとする義龍の一派が、これから上洛してくる信長の命を狙っているという不穏な噂を耳にする。畿内を中心に勢力を広める戦国武将、松永久秀(吉田鋼太郎)の力を借りて、未然にそれを阻止する光秀。再会を果たしたかつての友、光秀に、義龍は再び自分と手を組み美濃を大きく豊かな国にしようと持ち掛ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ