東出昌大、不倫騒動後初ドラマ NHKBS8K「スパイの妻」に出演

 不倫騒動で妻の女優、杏(34)と別居中の俳優、東出昌大(32)がNHKBS8Kドラマ「スパイの妻」(6月6日後2・0)に出演することが21日、分かった。

 昨年10月の制作発表の際は、東出の出演は未発表だった。東出は、今年1月期に放送されたテレビ朝日系主演ドラマ「ケイジとケンジ」の放送中に不倫が発覚。以来、約3カ月ぶりのドラマで、不倫発覚騒動後は初のドラマ出演となる。 

 女優、蒼井優(34)が主演で、1940年代の神戸を舞台に、戦争で翻弄(ほんろう)されながら自らの信念と愛を貫き通そうとする女性の姿を描くラブ・サスペンス。東出は蒼井演じる主人公の幼なじみで、神戸憲兵分隊の隊長役を演じる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ