四十九日法要を終えた志村けんさん愛飲の焼酎が人気

 3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で死去したタレント、志村けんさん(享年70)。今月16日に四十九日を迎え、全国のファンが志村さんとの思い出に浸る中、故人が10年間通った東京・麻布十番の鉄板焼き店「三と十」(東京・麻布十番)では愛飲の焼き芋焼酎「鹿児島大地」が人気を集めている。

 志村さんは多いときで週5回来店。「鹿児島大地」が味わえるということで通い始めた。

 今回、御山哲史店長(39)がサンケイスポーツの取材に対応。四十九日までは故人をしのび、いつも志村さんが座るカウンターに「鹿児島大地」が入った専用ボトルと赤い革製のコースターをセッティングしていたが、その後は「お客さまから『大地はまだ飲めますか?』との問い合わせが増えている」と説明した。

 志村さんは来店するとまず焼酎。「五分五分で割った水割りで、先に焼酎を入れてかき混ぜずに飲み、焼酎の割合を増やしながら、最後はロックで味わう」と懐かしんだ。志村さんはオリーブオイルなどで味付けしたオニオンスライスやトマト、長芋やおくらを使った特製サラダに加え、野菜焼きや60~70グラムのひれステーキを食べていたという。

 志村さんはテレビ関係者の他にバーなどで知り合った一般女性と来ることも。「女性とは物静かでシャイな感じで」会話を楽しんでいた。「大地」について志村さんは「口当たりがいいし、香ばしさと深い味わいが好き」と話しており、女性にも勧めていた。

 志村さんは「大地」を20年以上愛飲。その「大地」は歌手で俳優、杉良太郎(75)のプロデュースにより鹿児島で生産されている。御山店長は「志村さんは『大地』を飲みながら『杉さんはおいしい手作りカレーを自宅に届けてくれる』と感謝していた」と秘話を明かした。

 志村さんの人柄は「とにかく優しくて気遣いの人。知らない人に声をかけられても必ず敬語だった」としみじみ。続けて「志村さんはよく、『ドリフターズでの下積み時代は靴の底がすれて裸足に近い状態で電車に乗り楽器を運搬していた』と話していた。その苦労が優しさや謙虚さにつながっているのでは」と推測した。

 志村さんからは「目の前のチャンスをつかむには、年齢とか考えたら絶対に成功はない。俺が元気なうちはこの店に通い続けるから大丈夫」と励まされることが多かったという御山店長。

 「正直、『地方ロケから帰ってきた』とか言いながら、志村さんがまたふらりと来店するような気がして…」と喪失感を表現。志村さんが愛した「大地」と専用ボトルは「今後も私自身の支えになるし、ほかの常連さんの心にも志村さんの温かい人柄は生き続けると思う」と信じていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ