柿澤勇人、桜木健一…NHK朝ドラ「エール」名優続々登場にネット沸く「優しい歌声で朝から元気」「今週だれか投げられちゃうのかな」

 NHK連続テレビ小説「エール」の第36話が18日、放送され、国民的歌手、藤山一郎さんをモデルにした歌手で、人気俳優の柿澤勇人演じる山藤太郎が登場。名曲「丘を越えて」のレコーディングシーンに、ネットが盛り上がった。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描くNHK連続テレビ小説「エール」。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、妻の音を女優の二階堂ふみが演じる。

 柿澤演じる山藤は、裕一が専属作曲家となったコロンブスレコードの歌手で、慶大卒業後、東京音楽学校の声楽科へ進み、家庭の事情で金を稼ぐため、流行歌を歌っている。モデルになっているのは、「丘を越えて」「長崎の鐘」「青い山脈」などヒット曲で知られ、1992年に国民栄誉賞を受賞した藤山一郎さんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ