赤江アナの夫、報ステでコロナ闘病リポ

 フリーアナウンサー、赤江珠緒(45)の夫でテレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜後9・54)のチーフディレクターを務める伊藤賢治氏(47)が15日、同番組にVTR出演し、新型コロナウイルス感染で入院した際の闘病リポートを伝えた。

 4月14日の入院から同27日の退院まで、自身の症状を自撮りし、詳細に報告。「インフルエンザのピークの頃がずっと続いているような症状」などと説明し、一時は「重症」になったことも明かした。

 同番組では5人が新型コロナに感染。その1人で、メインキャスターの富川悠太アナウンサー(43)は同21日に退院後、自宅で静養している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ