NHK朝ドラ「エール」 志村けんさんの演技にネットも涙…「存在感ありすぎ」「いなくなったとはどうしても思えない」

 14日放送のNHK連続テレビ小説「エール」第34話に、新型コロナウイルス感染症による肺炎で3月29日に亡くなった志村けんさん演じる作曲家、小山田耕三が登場。存在感あふれる志村さんの演技がネットの話題をさらった。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻となる関内音を女優の二階堂ふみが演じる。

 第34話で、志村さんは2つのシーンに出演。1つ目は、「来年の契約金が半額に減額された」と裕一から聞いた音が激怒し、コロンブスレコードのディレクター・廿日市誉(古田新太)を訪ねたところで、小山田が居合わせた。音が小山田に「古山裕一の家内です」と自己紹介すると、小山田は「古山…」と一瞬、考えるような表情を見せた。2つ目はこの日の最後のシーンで、ある朝、裕一がコロンブスレコードを訪れると、サロンには、スタッフに囲まれた小山田の姿が。「小山田先生…」とつぶやく裕一を小山田は鋭いまなざしで見つめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ