朝ドラ「エール」で話題、秘書、杉山あかね役は元AKB1期生! ネット「加弥乃って増山加弥乃か」「ブレイクの予感あるね」

 現在放送中のNHK連続テレビ小説「エール」に出演している女優の加弥乃がネットで「かわいい」「気になる」などとひそかな話題になっており、視聴者から反響を呼んでいる。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を窪田が務め、その妻となる関内音を女優の二階堂ふみが演じる。

 加弥乃が演じるのは杉山あかねという女性。裕一が作曲家として専属契約した「コロンブスレコード」のディレクター、廿日市誉(古田新太)の秘書という役どころだ。番組の公式HPには、「音楽についての高い見識を備えていて、廿日市の良きアドバイザーとなっている」という説明があるが、ネットでは、メガネをかけたクールな印象と、その奥に隠れた美貌も大きな話題になっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ