朝ドラ「エール」、RADWIMPS野田洋次郎のセリフにネット沸く 「君の名前は?でドキッとした」

 11日放送のNHK連続テレビ小説「エール」に、ロックバンド、RADWIMPSのボーカルを務める野田洋次郎が登場。主演・窪田正孝との絡みにネットが沸いた。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を窪田が務め、その妻となる関内音を女優の二階堂ふみが演じる。

 野田が演じるのは、コロンブスレコードと契約を結んだ裕一と同期の作曲家、木枯正人役。第6週で木枯は一瞬だけ登場したが、本格登場はこの日から。野田の演技に、同日朝からネットが「朝ドラに野田洋次郎出ててびっくりした」「朝から野田洋次郎と窪田正孝の絡みが拝める朝ドラ最高」などと沸いた。

 この日、ネットの盛り上がりが最高潮に達したのは、2人が交わした初めての会話シーンだ。コロンブスレコードに出社し、ディレクターの廿日市誉(古田新太)から木枯を紹介された裕一。そこで木枯が「君の名前は?」と聞き、このセリフに多くのネットユーザーが反応した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ