赤江珠緒アナが退院 ラジオ復帰後は患者としての“リアル”伝える

 新型コロナウイルスによる肺炎で入院していたフリーアナウンサー、赤江珠緒(45)が6日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月~金曜後1・0)で退院したことを報告した。2度目のPCR検査が陰性となり、番組にメッセージを寄せた赤江は「(医療)現場の方々の声が広く伝わることを願いながら、助けて頂いた皆様に感謝申し上げます」としみじみ。今後は自宅療養で体力の回復を目指す。

 明るい話題にスタジオが一気に華やいだ。

 病院から自宅に戻った赤江は番組にコメント寄せ、「ご心配をおかけしましたが、この度、退院となりましたので取り急ぎご報告いたします。しばらく自宅療養をしながら体力の回復を目指します。今回助けていただいた医療現場の皆さまに、心より感謝を申し上げます」と謝意を述べた。

 水曜パートナーを務めるお笑いコンビ、博多華丸・大吉の博多大吉(49)は相棒の回復に「よかった、よかった!!」と喜び、赤江の代役を務めた同局の堀井美香アナ(48)が「PCR検査は2回陰性でした」と付け加えた。

 赤江はテレビ朝日系「報道ステーション」のチーフディレクターでコロナに感染した夫に続き、先月15日に発症。当初のエックス線検査では肺炎の症状は見られず、2歳の長女(陰性)の世話をしながら自宅療養していたが、医師の勧めで受けた再検査で肺炎が判明。同25日に入院した。

 同11日に発症した夫は一時肺炎が重症化も、現在は回復して退院。娘と自宅で妻を待っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ