志村けんさん、朝ドラ「エール」に登場! 近江友里恵アナはなぜか号泣

 新型コロナウイルス感染症で亡くなったタレントの志村けんさん(享年70)が1日放送のNHK連続テレビ小説『エール』に重鎮の作曲家、小山田耕三役で登場した。

 オープニングで出演者名に志村さんの名が表示されると「志村けんさんは3月にお亡くなりになりました。謹んで哀悼の意を表します」との字幕が掲げられた。

 ドラマのラストに登場した志村さんはひげをたくわえ、コントとは違う重厚な演技をみせた。来週も登場するという。

 放送後、『あさイチ』のオープニングでは、近江友里恵アナ(31)が泣きはらした顔で出演。「びっくりしましたね…最後」と感動を伝えたが、志村さんの演技に泣いたのか、亡き父をしのんだ音(二階堂ふみ)の熱唱に泣いたのか…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ