NHK朝ドラ「エール」に志村けんさん演じる小山田耕三初登場 ネット涙…SNS「自然と最後涙が」「胸いっぱい」

 1日放送のNHK連続テレビ小説「エール」第25話に、新型コロナウイルス感染症による肺炎で3月29日に死去した志村けんさん(享年70)演じる作曲家、小山田耕三が初登場。ネットに「朝ドラに志村けんさん出てきた!(涙)」「重厚な演技…」などと大きな反響が寄せられた。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻となる関内音を女優の二階堂ふみが演じる。

 小山田のモデルは、童謡「赤とんぼ」などで知られる作曲家の山田耕筰で、本編には、日本を代表する西洋音楽の作曲家として登場する。裕一の類まれな作曲の才能に気づき、コロンブスレコードの専属作曲家として裕一を推薦するが、一方で、その存在が自分の地位を脅かすのではないか…と恐れるという役どころだ。

 第25話では、裕一と音による演奏会が行われ、2人は愛知県豊橋市のホールに立ち、それぞれの音楽を披露した。演奏会の様子は新聞でも取り上げられ、その記事を小山田が目にし、「本物かまがい物か楽しみだね」などとつぶやくシーンがエンディングで描かれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ