コロナ肺炎で赤江アナ入院 子育てのため自宅療養も症状悪化「あのままにしていたらと思うと少し怖い」

 18日に新型コロナウイルス感染症を公表したフリーアナウンサー、赤江珠緒(45)が29日、肺炎で入院したと発表した。15日の発症後、1度目のエックス線検査では軽症と診断。自宅待機で陰性の長女(2)の世話をしてきたが、37度5分の発熱は引かず、医師の指示で受けた再検査で肺炎と分かり、25日に入院した。現在の症状は落ち着いているが、赤江アナは文書で「あのまま(自宅待機)にしていたらと思うと少し怖いです」と明かした。

 新型コロナに感染後、軽症と診断され、自宅療養をしていた赤江アナが肺炎で緊急入院した。

 29日生放送でパーソナリティーを務めるTBSラジオ「たまむすび」に寄せた文書「我が家の場合」で発表。約2700字の長文で入院の経緯や療養と子育ての両立についての苦労などを明かした。

 15日の発症後、37度5分の発熱や、味覚障害、多少の胸の痛み、せきの症状があったが、当初のエックス線検査では肺炎などはみられなかった。

 夫でテレビ朝日系「報道ステーション」でチーフディレクターを務める夫は11日に発熱。15日に感染が確認されて入院した。一方の赤江アナは発症後、解熱剤を服用しながら陰性の長女(2)との生活を続けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ