笠井アナ、30日に退院 長渕剛のサプライズ見舞いに「生きる勇気もらった」

 血液のがん、悪性リンパ腫で昨年12月から入院していた元フジテレビのフリーアナウンサー、笠井信輔(57)が30日に退院する。このほど本紙の電話取材に応じ、東日本大震災をきっかけに知り合った歌手、長渕剛(63)が今年1月末に突然、見舞いに来てくれたことを初告白。思い出の写真も公開し、「コロナも怖いけど、生きていればいいことがある」とカリスマシンガーから希望をもらったと力を込めた。

 退院を直前に控えた笠井は「感動しました」としみじみ語りはじめた。

 国民的歌手が笠井の病室を見舞ったのは今年1月。長渕も昨年12月に急性腎盂(う)腎炎で入院していたが、年明けの1月3日に退院。体調が戻り、主演映画「太陽の家」の公開イベントで復帰してまもない同30日に突如、目の前に現れた。

 2人の交流は、2011年3月の東日本大震災がきっかけ。歌のライブなどで被災地支援を続ける長渕の熱い包容力に、当時フジ系「とくダネ!」に出演していた笠井が共感し、単独インタビューを敢行した。

 その後もライブに足を運ぶことはあったが、「食事をしたこともないし、携帯番号も知らないのに…」と述懐。苦しい闘病で心が折れそうになったとき、長渕の見舞いを受け、誰よりも驚いたという。笠井は「病気は心持ち次第。くじけるな。前向きに生きれば、きっといいことがある」と励まされたことをうれしそうに振り返った。

 帰り際、長渕から手渡されたのが1枚の色紙。笠井の心情に寄り添うように力強い毛筆で「俺ぁ負けねぇ」と記されていた。「それを見た瞬間、泣いちゃって…。『がんになってよかった』と本音で言ったら、長渕さんが笑ってくれました」と感謝した。

 昨年10月に局アナからフリーに転身した直後に襲われた病魔。今回の入院で6回の抗がん剤治療を受け、「髪の毛が全部抜けたけど、全身の痛みもがんもほぼ消えました」と説明。5月中旬の骨髄検査でがんが見つからなければ、寛解と診断されるという。

 ただ、妻のテレビ東京社員、ますみさん(55)と会社員の長男(26)、次男(22)、高校2年の三男(16)の待つ自宅に戻っても、健常者より免疫力が劣る不安は抱えている。新型コロナウイルスから身を守るため、当面は自室でドア越しに食事を受け取り、家族との接触も断つという。

 愛妻家で知られる笠井は、6月2日の結婚30周年記念日を元気に迎えることを目標に「長渕さんから生きる勇気をもらった。7月にはメディアや講演復帰したいです」と明るく前を向いている。

★「とくダネ!」リモート出演へ

 笠井は退院後に「とくダネ!」に出演予定。入院を機に始めたブログやインスタグラムを支える計40万人以上のフォロワーへの感謝や入院生活の悲喜こもごもを語る。抗がん剤の副作用で、重い倦怠(けんたい)感と食欲不振にも悩まされ、身長170センチで65キロあった体重は60キロに減ったが、現在は63キロまで回復した。長渕の歌で好きなのは「愛こそすべて」で、「愛のない人が(コロナ感染の危険を招く)密集場所に行く。今は皆さん、おうちにいようよ」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ