志村けんさん、朝ドラ「エール」5・1から登場! ネット「見逃す訳には行かない」「もっと演技みたかったな…」

 5月1日に放送されるNHK連続テレビ小説「エール」の第25話に、新型コロナウイルス感染症による肺炎で3月29日に死去した志村けんさん(享年70)演じる作曲家、小山田耕三が登場する。志村さんは体調を崩す前に収録を済ませており、そのシーン写真にネットが沸いている。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻となる関内音を女優の二階堂ふみが演じる。

 小山田のモデルは、童謡「赤とんぼ」などで知られる作曲家、山田耕筰。同局が公開したシーン写真では、志村さんは眼鏡をかけ、口ひげを生やしている。日本を代表する西洋音楽の作曲家として、裕一の将来に重要な役割を果たすキーマンとして登場。裕一の才能に気づき、レコード会社に彼を専属作曲家として推薦するが、自分の地位を脅かすのではと恐れる役どころだ。

 ザ・ドリフターズのメンバーとして親しまれ、子供から大人まで幅広い世代に人気を博した志村さん。突然の訃報に日本中が泣いた。今作が志村さんにとっての初めての本格的なドラマ出演で、5月4日以降も本編に登場するという。

 ネットには、元気な志村さんの姿を楽しみする視聴者からの書き込みが多数寄せられている。ツイッターには「今週金曜日に志村けんに会える」「見逃す訳には行かないな!」「朝ドラ1回も見たことない。志村けんさん見たいから録画しよ」などの声。一方で「楽しみだけどなんか寂しくなるなぁ」「涙なしに見れそうにない…」などと寂しがるネットユーザーも少なくなく、なかには「本人が一番見たかっただろうな」というつぶやきも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ