今も心の中で輝く…昭和の“ドリフ黄金時代” 「だいじょうぶだぁ」「バカ殿様」など数々の伝説的コント

 【永遠のコメディアン 志村けん伝説】

 家電蒐集家の僕が育った昭和という時代、毎日の生活で一番の楽しみは夕飯時、家族そろって見るテレビの時間だった。まるで漫画のサザエさんのようだが、1970年代の東京の下町にはそんな光景が生きていた。

 僕が中学生だった76年頃、お茶の間をにぎわせていたのが、ハナ肇とクレージーキャッツやコント55号、そしてザ・ドリフターズだった。毎週テレビで体を張った熱血コントを繰り広げていた。

 その頃の週末土曜日の夜7時には『まんが日本昔ばなし』が始まり、7時半から大橋巨泉司会の『クイズダービー』、そしてチャンネルはそのままで8時になるといかりや長介の合図でスタートする『8時だョ!全員集合』というのがわが家のルーティンだった。

 その全員集合で荒井注さんに変わって、いつの間にかドリフの中心メンバーになっていたのが志村けんさんだった。志村さんが一躍全国的に有名になったのが番組内の「少年少女合唱団」の中で歌った『東村山音頭』。地元にもともとあった唄をアレンジしたもので、ここから単なるコメディアンを超えて、アイドル的な存在になった。

 ドリフのグッズとして鮮明な記憶なのが、トンボ鉛筆MONOを1ダース買うともらえた景品「くびチョンパ」だ。荒井注さんが現役の頃の景品だったが、MONO鉛筆は高くて僕には手が出なかった。

 「くびチョンパ」はその後ヒゲダンスのバージョンが出ていたようだ。そして70年代後半には志村さんがそんごくう役で出演していたドリフの『飛べ!孫悟空』という人形劇番組があった。

 子供からは絶大な人気があったが、全国のPTAからはワースト番組という烙印も押されていたが、本当に愉快で楽しい番組だった。

 この頃から志村さんのキャラが強く押し出された感じがする。「だいじょうぶだぁ」「バカ殿様」「カラスの勝手でしょ」など歴史に残る数々の伝説的コントが誕生していった。昭和生まれの僕にとって、そんな志村さんがいたドリフターズの黄金時代が今でも記憶の中で輝いている。

 あっという間にこの世を旅立った変なおじさんは、きっと天国でも「だいじょうぶだぁ」とみんなを笑わせているに違いない。(家電蒐集家、松崎順一)

■志村けん(しむら・けん) コメディアン。1950年2月20日、東京都生まれ。高校卒業後、ザ・ドリフターズの付き人を経て、74年に正式メンバー。『8時だヨ!全員集合』(TBS系)で次々にギャグを生み、人気者に。同番組終了後は『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS系)や『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)などで活躍。2020年3月29日、新型コロナウイルスのため70歳で死去。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ