住吉美紀アナがコロナ陽性 引き続き治療に専念

 肺炎のため19日に緊急入院し、PCR検査を受けていた元NHKのフリーアナウンサー、住吉美紀(47)が新型コロナウイルスに感染していたことが22日、分かった。

 所属事務所が公式サイトで「本日、PCR検査の結果、陽性判定となり、感染が確認されました」と報告。「今後は、医師のご指導のもと、一日も早い回復を目指し、引き続き入院治療に専念して参ります」とした。

 住吉アナは16日に発熱し、その後も高熱が続いたため19日に東京都内の医療機関を受診。CT検査で肺炎と診断されて入院し、同時にPCR検査も受けていた。

 パーソナリティーを務めるTOKYO FM「Blue Ocean」(月~金曜前9・0)は20日から休演。元TBSでフリーの吉田明世アナ(32)が代役を務めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ