報ステ、富川悠太アナの退院発表 2度のPCR検査でいずれも陰性

 テレビ朝日系報道番組「報道ステーション」(月~金曜後9・54)のメインキャスターで、新型コロナウイルスに感染した富川悠太アナウンサー(43)が退院したことが21日、番組内で発表された。

 富川アナの代役を務める小木逸平アナ(45)が、2度のPCR検査でいずれも陰性で病状も安定していることからこの日退院したと報告。今後は自宅療養をするという。

 富川アナは今月3、4日の朝に38度の高熱が出るも、その後平熱に戻ったため6~9日は通常通り出演。息切れなどが続いたため10日に東京都内の病院に入院し、11日に陽性が判明した。

 「報ステ」では、富川アナに続いてフリーアナの赤江珠緒(45)の夫である40代チーフディレクターと40代チーフプロデューサー、30代契約スタッフが相次いで感染。富川アナは、ディレクターとプロデューサーの感染が公表された15日の放送で「すぐに平熱になったことから発熱を軽視してしまい、上司や会社に的確に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」とコメントしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ