緊急入院中の住吉美紀アナへ、ラジオ代役の吉田明世アナがエール

 元NHKのフリーアナウンサー、住吉美紀(47)がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「Blue Ocean」(月~金曜前9・0)が20日放送された。肺炎のため、緊急入院中の住吉アナに代わり、元TBSのフリーアナウンサー、吉田明世(32)が代役を務めた。

 住吉アナの所属事務所は、公式サイトで「4月16日に発熱、その後、高熱が続いた為、電話での問診の上、4月19日早朝、都内医療機関にて受診。CT検査を行い、肺炎と診断され、緊急入院することとなり、同時にドクター判断でPCR検査も行いました」と報告。検査結果は判明次第、発表する。

 番組冒頭、吉田アナは「住吉美紀さんが体調不良のため、急遽(きゅうきょ)担当させていただくことになりました。不慣れな部分もたくさんあるかと思いますが、どうぞ11時までお付き合いください」とリスナーへあいさつ。住吉アナの入院までの経緯を説明し、「番組はしばらくの間放送をお休みされることになりました」と報告した。

 最後は「私も今日は住吉さんにエールを送る気持ちで、そしてリスナーの方が、いつものように、なるべく番組を楽しんでいただけるように頑張ります」とエールを送っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ