テレビ朝日系「報ステ」から4人目感染 富川アナと同じ職場の契約スタッフ

 テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜後9・54)から新たに新型コロナウイルスの感染者が出たことが19日、分かった。「サンデーステーション」(日曜後4・30)で発表された。

 感染が確認されたのは「報ステ」の30代の契約スタッフ。今月11日に発熱し、16日にPCR検査を受け、この日に陽性が判明したという。

 同番組ではメインキャスターの富川悠太アナ(43)をはじめ、フリーアナの赤江珠緒(45)の夫である40代チーフディレクター、40代チーフプロデューサーに続いて4人目。富川アナの濃厚接触者だった赤江アナの夫と同じ11日に発熱しており、同局広報部は「スタッフとして富川アナと同じ職場で働いていた」と説明している。

 同局としては、東京・六本木の本社ビルで働くグループ会社の30代女性社員を含めて5人目となるが、クラスター(集団感染)発生の可能性については「保健所からはそのような指摘は受けていない」としている。

 同局は17日から19日までの3日間で本社ビルの全館消毒を実施した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ