カンニング竹山、赤江アナの判断は「正しかった」

 お笑い芸人、カンニング竹山(49)が19日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。新型コロナウイルスに感染したフリーアナウンサー、赤江珠緒(45)についてコメントした。

 赤江アナの夫は、テレビ朝日系「報道ステーション」のチーフディレクターを務め、15日に感染が確認された。赤江アナも同日に発症し、PCR検査の結果、陽性。ともに受診した長女は陰性で無事だった。

 竹山は、TBSラジオ「たまむすび」で赤江アナと共演しており、「赤江さん、9日から完全に、様子見で休んでたんですよ」と説明。「ラジオって今、われわれ演者は一人ひとり個室みたいなブースになってるんで。保健所から濃厚接触者じゃないよ、大丈夫だよって言っていただいてる」と自身の現状も語った。

 また、「赤江さんって旦那さんが『あれ、もしかしてそうかも』って時期から、早めに家庭内で予防とかを全部してたんですよ。それでも感染しちゃって、やらなかったらお子さんも陽性になってた可能性もある。仕事も先に止めたりとか、そのへんの判断は、ものすごい正しかったと思う」と赤江アナを擁護していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ